サグラダファミリア

 

– Lilly –

『Wolrd Art Ambassador(WAA/国際芸術大使)』としてゴールドメダル授与
スペインの美術団体「A.M.S.C.」芸術家会員
「スペイン国立装飾美術館」会員
「パジェ・デ・ロス・スエニョス財団」会員

日本国内はもちろん、ニューヨークやロサンゼルスでの個展も開き、ワールドワイドに活躍している。

2017年にはスペイン・マドリードの国際交流展にも招待され、
彼女の作品はゴヤルーベンスなど、スペインの巨匠達と共に展示される。
メトロポリタン美術館・ニューヨーク近代美術館・ルーブル美術館など、世界の名美術館に収められる。
「アートメゾン・インターナショナル Vol.22(2018年度版)」の美術書にその名を残す。
第12回モナコ・日本芸術祭2018」にも出展。

 

– MAI(サイト管理人)-

こんにちわ、管理人のまいまいと申します。
割と真面目な感じにLillyさんを紹介させていただきました(笑)
わたしはLillyさんに何度かお会いしたことがありますが、
出会って1分もかからず、

「この方が絵を描かないはずがない・・・・」

と強く感じるほどに、独創的な世界観を持っています(笑)
そんな彼女の感性や感覚はどこか・・・
・・・いや、完全に変態そのものと言っても過言ではございません。

ちなみに、管理人まいまいがLillyさんの作品で好きなものは、
・サグラダ・ファミリア(太陽と月 – 縦)/カーストラーダシリーズ
・2017 Voyage Out(太陽と月 – 横)/カーストラーダシリーズ 
・青の群像(太陽と月 – 横)/カーストラーダシリーズ
つまり、カーストラーダシリーズが好きです。

もうひとつ、Lillyさんを面白いなと思ったのは、
「オーダーメイド・イメージ作品」
“Lillyから見たその人”を描くというものなのですが、

それは似顔絵でもなく、肖像画でもない。

Lillyがあなたから感じるものを表現した、
「あなたのイメージ画」を描くんですよ。
自分の外見や容姿に似せて描かれるのではなく、
「自分という人間から感じられるもの」が描かれる。
普段あんまり、他人からみた「自分という人間から感じられるもの」なんて、
聞くことも見ることも無いじゃないですか。
・・・それを絵で、表現される。
完成してから手元に届くまですごいドキドキしますよ。
詳しい説明や過去の作品などは、メニューの「★SPECIAL」からご覧ください。

キラキラしていて、変態そのものとも言える感性を持っている・・・。
そんな不思議な魅力溢れるLillyの作品を、
このサイトを通して思う存分堪能していただければと、思います。

 

 

Copyrighted Image